FC2ブログ

紅楼夢5レポ(前)

はい、ということで少し長いお休みをしたところで、偏ったレポートみたいなものを書いていきたいと思っています。
最初に言っておきますが、写真が皆無です。もっと、写真を撮るべきだった…
あと、文が結構乱雑なので、分かり辛いかと思いますが、ご容赦ください。
では、続きから紅楼夢レポです。
9月10日(紅楼夢前日)

登場人物(同行者:鹿山 群雲 野。

あらすじ
何故か、夜の1時くらいまで群雲さん、葵さんとスカイプをしてしまった鹿山。一体、この旅はどうなってしまうのか、電車の時刻に間に合うのか―――



間に合いましたけどね。
6時30分くらいに地元の駅に集合の予定、37分には電車が出てしまうので、5分前には集合しておきたいところでした。
ここで、当然のことながら時間厳守を心がける鹿山は10分前には到着、野。に至っては20分前に到着するという余裕ぶり。これはもう、大丈夫じゃね、と二人で笑いあうこと数分、最初の問題が発生…
あいつが来ないのだ…そう、群雲が…
迫る時間、そろそろやべぇ…っていうかもう、あいつ置いてくしかないんじゃね、でも、バスのチケットあいつもってるじゃん、ヤベェヤベェ…
という会話をすること数分。
そろそろ、本格的に焦り始めてきた2人、そして、ダイヤの時間寸前になってからようやく群雲が到着。
彼曰く、電車の時間を勘違いしてたそうですが、心臓に悪いのでやめてください。
と、無事に誰一人欠けることなく電車に乗り込む、そして、先程のことが嘘のようにスムーズにバスに乗り込むことができました。
そのまま6時間ほどかけて大阪まで移動。
とくに面白いこともないので、野。と群雲はポケモンを、対する鹿山は先日友人から譲り受けたアイマスSPをプレイすることに。
大阪駅到着後、即座に宿泊先に行くために、新大阪駅に移動することに。
駅が広いことに驚き、迷いつつも何とかホテルにたどり着いた田舎者3人。1駅にコンビニ多すぎじゃあ!
借りたお部屋は3人部屋という素晴らしいもので、心の中でまくら投げでもしてみるかな、と思った鹿山だったが、野。はともかく、群雲に対してそんなことを実行すれば、間違いなく自分の命がない。と、そっと心の中に仕舞い込むことにしました。勘違いするなよ、死ぬのが怖いんじゃない、無謀や不注意で死ぬのはごめんだと言っているんだ!

ところが宿泊先のチェックインの時間はまだだったので、とりあえず荷物を預けて、明日のための下見をするためにインテックスに行くことに。そして、駅に移動したのだが…待たなくても電車が来ることに感動しました!!!
なんだかんだあって、コスモスクエア駅に到着し、一先ず歩こうと、そう思った一行は徒歩でインテックスを目指すことに…しかし、この判断が間違っていたことを10分くらい後に気付くのだった…
結論から言うと、迷いました。
迷うこと数十分、それらしき建物を発見したので、急いでその場に向かい、そして。

インテックス

最初に断っておきますが、3人とも違う写真ですからね!
ともあれ、もう今回の目的は達成したので、帰ろうか、と思っていた群雲に対して、鹿山は、
「……あれって中に入れるのかな? 行ってみようぜ!」
空気の読めない子で本当にごめん…
でも、入口が開いてて、しかも本当に会場内に入れるなんて思ってもいなかったんです…
インテックスの大きさに驚きつつも、会場に入ると搬入作業の真っ只中、申し訳ないと思いながら、でも、そんなことお構いなしにお2人のスペースを確認することに。

確認終了後、邪魔にならないようにそそくさと会場を後にし、外に出ることに。
当初の目的は果たしたので、よし帰ろう! と意気込んで、タクシーに乗り込む一行。
もう、心が折れてしまったんですね、しかたないね。
とりあえず、660円ほどだったので、よし、明日も使おうぜ、という話になりました。楽ができるに越したことはない。だって、明日荷物あるし!
コスモスクエア駅に到着すると、ここで野。が必要な物を買いに行くために一路、楽器店へと移動を開始する。そして、当然のことながら迷いました。

数々の困難を、知恵と文明の利器で乗り越えつつ、なんとか楽器店へと到着できたのは、本当に奇跡だと思います。
野。は必要な物「クロス」を購入、鹿山も滅多に楽器店には来ないということでピックを購入。
ジャズベースに後ろ髪をひかれつつも、こんなところで買ってもどうしようもない、と諦め帰路につく。
そして新大阪駅に到着した一行は、もうちょうどいい時間だということで夕食にするため駅を出てお店を探すことに……が、肝心のお店がまったくと言っていいほど見当たらない。
さまようこと数十分。諦めて駅構内で探すことに……せっかくの大阪ということと、昼食を食べていないということで、マクドナルドとカレーはやめようという発言が、鹿山から飛び出す、が、この後数回鹿山の口からカレーという単語が発せられたのは言うまでもない。
野。は海鮮類が苦手で、鹿山はカレー以外、ということで何を血迷ったか洋食店に行くことになる。
……もう、限界だったんですよ。

ここで鹿山、野。はオムライスを選択し、群雲は和風ハンバーグに。なお、群雲がメニューを選ぶ際、しつこいくらいに鹿山がカレーを進めていたことは言うまでm(ry
しかし、この判断がまさか、あんな結果をもたらすなんて……

満腹になった3人は、途中コンビニに立ち寄り色々と購入、鹿山は明日の朝食にと、コーヒーゼリーを購入。
ホテル到着後、休憩していた群雲に対して鹿山があるお願いをする。群雲は戸惑いながらも、承諾し、作業に入る。
作業を待つ間、待っているのも暇だということでホテルに設置されていた大浴場に行く鹿山、野。
が、家族使用中という札がかかっており、引き返すことに、これがあと2回ほど繰り返され、面倒になった鹿山はついに部屋の風呂で我慢することにし、野。は一応待ってみる、という選択肢を選ぶ。
その後、作業を終えた群雲からブツを奪い去った鹿山は、コピー本の製作に入るため、ホテルのコピー機を使い始める。
色々とトラブルを起こすが、30分ほどですり終えた鹿山は部屋へと戻りそのまま製本作業へ。
作業をしながら、明日のために色々と話し合うことになる。
内容は、明日、それぞれどういう行動をするか。

鹿山:買う。ときどき売り子
野。:売り子
群雲:売り子

フリーダムな子ですいません…
あと、この会議中、おなか減ったと言い出した鹿山は、朝食のはずのコーヒーゼリーを食べてしまいましたとさ。
そして、就寝。

後半へ続く……

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鹿山アトリ

Author:鹿山アトリ
もみあや大好き。あとにとひなも。
と言いつつ、雑食気味に色々書いていきます。

メールは
cocoa.rich(あっと)gmail.com
(あっと)を@に変えてください。

ツイッターはじめました。
ついった

基本的にリンクフリーですが、
相互リンクの場合でも、何か一言下さるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード